FC2ブログ
プロフィール

こうづま歯科医院

Author:こうづま歯科医院
鹿児島市歯科上妻歯科医院
鹿児島市坂之上4丁目23番13号
TEL 099-262-2600

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

こうづま歯科医院のスタッフブログ
鹿児島市の歯科(歯医者)こうづま歯科医院の、インプラント・審美歯科・予防歯科・口腔外科・矯正歯科・小児歯科・ホワイトニング・クリーニングに関するブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強の秋+○○の秋
こんにちは歯科衛生士の永峰です

朝夕肌寒くなり秋真っ盛りですね皆様いかがお過ごしですか??

さて、こうづま歯科では10月23日にレジン充填の勉強会を行いました

CR.jpg


※レジン充填とは…小さなむし歯を埋める白い詰め物のことです。

レジン充填と言っても、ただむし歯の穴を埋めるだけではありません人の歯の色・形は十人十色
その人に合った材料でいかに自然に見せるかがプロの技です
折角虫歯を治しても色や形が合っていなかったらカッコ悪いですからね

実習を交えながらの勉強会で大変為になりました
患者様にどこを治療したか分からないくらい綺麗に自然にレジン充填できるよう、今後もスタッフ一同頑張って行きたいと思います


さて、勉強の秋+○○の秋……

もう一つの秋は宴会の秋です
ひばり

相変わらず宴会好きのこうづま歯科スタッフ仕事&勉強後のビールは美味しいですね
普段は言えない事もお酒の力を借りて、仕事に対する熱い気持ちを討論し合いました
今年も残すところ2ヶ月半日に日に寒くなりますが、スタッフ力を合わせて2008年ラストスパート頑張ります
スポンサーサイト
院内セミナー報告
こんにちはこうづま歯科医院 受付の宝満です
秋晴れで過ごしやすい日が続いていますね

秋といえば…もちろん()勉強の秋!
こうづま歯科では先日、診療後にNobel Biocareの前園さんをお迎えして、院内セミナーを行いました
それでは、その様子をリポートします

まず、オールセラミックの中でも最も強度があり美しい「ジルコニア」という最新のセラミック素材の製作過程について詳しく学びました

ジルコニアの強度や自然な美しさを出すテクニック等、
実際の製作過程を動画で見ることで、その秘訣を知ることができました。
やはり、良いものにはそれだけのこだわりや手間がかかっているということがよく分かりました

nobel.jpg


次に、「診断用模型」について実習をしました

「診断用模型」とは…??
歯の型を取ることによって、その人の口の中の状態を再現できる模型のことです。
インプラントや審美歯科治療、矯正治療前の術前診査で、治療方針や器具等を決める資料になります。

患者様が耳で聞くだけでなく、視覚的に確認できるため、仕上がりを想像しやすいといったメリットがあります。

インターネットを介して、県外の技工士さんからテレビ電話中継でアドバイスをもらいました

nakama.jpg


インプラントや審美歯科治療といった、より高度な歯科治療を希望して来院される方が増えているので、
最新の設備と技術でお応えするために、今回のセミナーで学んだことを活かしていこうと思います


講師の前園さん、いつも実践的なセミナーを開いて頂き、ありがとうございます



審美歯科・インプラント セミナー in 熊本
こんにちは  歯科衛生士の田原迫です

先日 10月5日(日)に、院長をはじめ当医院の歯科医師・歯科衛生士 合計8名で、
『審美歯科・インプラント セミナー』に参加してきました

上妻歯科では歯科医師だけでなく歯科衛生士もこういったセミナーに参加し
日々技術の向上を目指しています

熊本でのセミナーだったため、朝から新幹線で出発
セミナー会場には、スーツ姿の歯科医師や歯科技工士・歯科衛生士の方々がたくさんいらっしゃいました


セミナーの内容は・・・
講師である歯科医師の小濱 忠一先生が、
現在 審美歯科で最も多く取り扱われているオールセラミック(ジルコニア)と、今話題のインプラント治療についての講義をしてくださいました。

セミナー

歯科治療の中でも、審美歯科・インプラント治療は、より高度な技術やセンスが要求される分野です。

審美歯科治療というのは、ただ単にセラミックを被せれば美しくなるというわけではありません。
その患者様の天然の歯と同じような形・色調を再現することや、顔・口唇との調和を実現するテクニックが重要になります。

そのためには、 
 ● 的確な補綴物(被せもの)の選択 
 ● その歯に合った形成
 ● 正確な型採り
 ● 資料となる写真の撮り方   等
に至るまで、より多くの知識と技術を必要とします。

また、インプラントも審美歯科と同様、歯の無いところに歯を作るという機能性はもちろんですが、私たちは、
●自分の歯と変わりなく噛める
●自分の歯と変わりなく美しい・自然
といった面についてもこだわりを持って治療しています

セミナーでは、その一つ一つの施術での細かなポイントについて教えていただきました。

私はインプラント治療を担当していますが、歯を失って悩んでいらっしゃる方に、より的確なアドバイスや治療ができるように、今回のセミナーで学んだことを早速活かしていこうと思います



噛むCOME ヘルス
こんにちは、こうづま歯科医院の歯科衛生士馬場ですやってまいりました食欲の秋、到来です
体重が増加しやすい季節ですが、秋の味覚を楽しみながらも、健康にダイエットにアンチエイジングに役立つお話をしたいと思います。

それは、単に噛む力を養うだけ

         なぜ・・・? まず、噛むということには4つの効用があります。

1、唾液が多く出ることで消化・吸収を助けると同時に、食物に含まれる細菌や発がん性物質を軽減する。また、虫歯、口臭予防につながる。

2、脳の血流が増え記憶に関係する海馬という脳の一部の物質が増加する。

3、脳の満腹中枢を刺激して、肥満を防ぐ。

4、口の周りの筋肉(咀嚼筋)が鍛えられ、小顔効果を発揮する。 
 

あまり噛まずにいると、咀嚼筋は衰えます。そのサインは頬のたるみなるべく固いものを噛む習慣をつけるだけで、この咀嚼筋は鍛えられます。顔にだって筋肉があるのですから、腹筋同様、鍛えれば引き締まるんです

今、店頭でも咀嚼筋が注目され、噛む力を鍛えるガムや食品が置いてあります。

ひとくちずつ噛むといった、毎日の積み重ねが、健康に、ダイエットに、アンチエイジングに役立つのだと思います

   【しっかり噛むポイント】 
 ・一口の量を減らす。(かきこまない)
 ・食事時間はゆっくり長くとる。
 ・食べ物を飲み物で流し込まない。
 ・味わう意識を持つ。
 ・一口をこれまでより“5噛み”多くする。

ついつい食べ過ぎてしまうというかた、まずは噛むことを見直してみたらいかがでしょうか

また、歯が抜けてそのままにしている方、最近頬がたるんできたと感じていませんか?
原因は「噛む力」の衰えです
歯を抜いたあとの治療方法は、インプラント、入れ歯やブリッジといった選択肢があります。
残念ながらこれから歯を抜くことになる方は、「抜いた後どうするか」ということまでしっかり考えておきましょう




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。