FC2ブログ
プロフィール

こうづま歯科医院

Author:こうづま歯科医院
鹿児島市歯科上妻歯科医院
鹿児島市坂之上4丁目23番13号
TEL 099-262-2600

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

こうづま歯科医院のスタッフブログ
鹿児島市の歯科(歯医者)こうづま歯科医院の、インプラント・審美歯科・予防歯科・口腔外科・矯正歯科・小児歯科・ホワイトニング・クリーニングに関するブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫歯じゃないのに歯が痛い!?
こうづま歯科医院のDr.武原です

先週の木曜日の午後に勉強会を開催しました。
今回のテーマはズバリ『原因不明の歯痛』です。

歯が痛くなって歯科医院に行ったのに

『むし歯ではないですね』  と言われて

アレッと不思議に感じた経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか


実は・・・
歯ではない部分」が原因なのに、「歯が痛い」と感じてまうことがあるのです

不思議ですよね

例えば、

風邪を引いて鼻が詰まった時や、アレルギー性鼻炎によって、
上の奥歯が痛くなることがあります

ご飯を食べる時にズキッひどい場合はじっとしていてもジンジン
まるで本当に歯が痛いような感覚になります


また、アゴの周りの筋肉が緊張したり疲労したりしても
歯が痛く感じることがあるんです

トリ肉など硬いものを奥歯でガリッ  思い切り噛んでしまいその後から
奥歯が痛い・・・
歯が割れたかもしれない・・・

そんな時も実は、噛む時に使う筋肉が硬いものを噛んだことで緊張して
歯を痛く感じさせている事が多いのです


痛みというのは本当に嫌なものですよね

私たちはそんな皆さんの痛みの原因が何処にあるのかを明らかにして、
なるべく早く痛みを治したい
良い歯を削りたくない!

という思いから、『歯』以外の痛みの原因も積極的に勉強しています



スポンサーサイト
続・インプラント体験談

こんにちわ久々にブログアップします衛生士の内野です
すっかり寒くなってまいりましたが皆さま風邪を引いていないでしょうか?

さて、私事ではありますが
先日、2月にインプラントを入れた所に本物の被せものを作るための型取りをしました

uchino-implant.jpg ←2月にインプラントを入れたところ


2月に入れたのに今ごろ型取り
と思われた方、さすがっ!インプラントについてよく分かってらっしゃる 237234
ご存じない方のために一応説明しておきますが、
当院ではインプラントは埋めてから通常3か月置けば
上部構造(インプラントの頭になる部分)を 作り始めます

上部構造が出来上がるまでの間はちゃんと綺麗な仮歯が入るので、
私のように前歯のインプラントでも安心です
uchino-TEK2.jpg ←仮歯が入っています

それなのに私の型取りが今の時期になってしまったのには深い訳は・・・ありません(笑)
ただ単に同じ2月にインプラントを入れた患者さんがたくさんいらしゃったんですねぇ~
そうなると型を取る時期も当然同じタイミングになる訳で・・
私はいつでも出来るから、まあ、いっかぁ なんて思っていたらあっという間に8か月
あやうくインプラントを入れていることも忘れるところでした(汗)

ちなみにインプラントを入れる前はこんな状態です
uchino-before.jpg ←先天的に歯が1本分ない状態

インプラントを入れてから今も仮歯で過ごしていますが、
やっぱり歯磨きしにくいんですよね


もちろん本物の被せ物と比べたら材料も性質も全然違うので
汚れが付きやすいのも仕方ないんですが
衛生士でありながらインプラントを入れた部分のプラークコントロールには苦労しました
ちなみに私はホームケアでは音波ブラシソニッケアー
助けてもらいましたよっ 319

uchino-TEK.jpg ←仮歯の状態


いよいよ型取りも済んで歯を作ってもらう訳ですが
患者様の時と同様、色にも形にもこだわりたい!と思いまして


『先生、歯の形態はもっとこうしてください』『今の自分の歯よりももっと白い色で作って下さい』と
たくさん注文させていただきました
マニアックな会話になりますが歯のシェード(色)はクロマスコープの「BLEACH030」です

あー、どんな歯が出来てくるか楽しみ~
とりあえず次は仕上げの前に形態や適合がいいか試しに合わせて、良ければ仕上げ予定です

歯が入る時に、またブログアップしますので
皆さま、楽しみにしていてくださいね 411


またまたまた・・・
早いもので今年もあと2か月。
11月に入り、冬が近づいてきました
風もだんだんと冷たくなってきましたね



・・・しかしっ

我がこうづま歯科スタッフは勉強に燃えております


去る11月2日(日)、
歯科衛生士の田原迫&内野が、大阪初上陸し、
セミナーへ参加してきました。

今回は
『デンタルハイジニスト インプラントセミナー』

 ※ デンタルハイジニストとは、歯科衛生士の事です

セミナー会場は梅田スカイビル
鹿児島には無い高層ビルで、屋上には展望台もあるとてもステキな場所でした

大阪セミナー②


今回の講師の先生は歯科衛生士の“本田貴子先生”
熊本の歯科医院にお勤めで、歯科衛生士の雑誌にもよく載っておられる有名な先生です。

講義の内容は・・・
   インプラントに関する基礎知識
   インフォームドコンセント(患者さまへの説明と同意)
   滅菌や消毒
   オペ時のアシスタント
   メインテナンス(長持ちするための管理・お手入れ)
以上のトピックスについて講義してをいただきました。

インプラントはその形状や大きさなど様々です。
私たち歯科衛生士は、その多種多様なインプラントの種類や特徴を把握し、
オペ日までの患者様の口腔内の管理、オペが円滑に行われるための準備やアシスト、
さらにインプラント埋入後も患者様の口腔内でインプラントが一生涯健康な状態で長持ちするよう
そのお手伝いをさせて頂く事が重要な役割だと思っています。

今回のセミナーを通じて学んだ知識や技術を今後も診療に生かし、
インプラントで美味しく食事ができ、口腔内の健康・美しさを保てるよう
患者様と一緒にその管理をさせて頂きたいと思います。



歯科衛生士向けの今回のようなインプラントセミナーは少ないため、
講習後、個人的に質問もさせてもらいアドバイスもいただきました

そして、お決まり(笑)の講師の先生と写真をパチリ☆

大阪セミナー①

本田先生、ありがとうございました


またまた院内セミナーです☆
こんにちわ
歯科衛生士の田原迫です

勉強の秋ということで、最近セミナーの話が続きますが・・・
我がこうづま歯科スタッフ、とても勉強好きなのです
そこで、今回も先日行ったセミナーの報告をしたいと思います

デンツプライ1

10月30日(木)の午後から、デンツプライ三金の菊谷さんをお招きして、院内セミナーを実施いたしました。
今回のテーマは『エンド治療について』


“エンド”とは、むし歯が大きい場合に歯の神経を取る治療の事です。
この根っこの治療をきちんとしていないと、歯に冠を被せた後 痛みが出たり、膿が溜まったりしてしまいます
歯の根は、歯を支える大切な土台の部分
つまり、この治療をしっかりとしていないと歯が長持ちしないのです

デンツプライ2


今回のセミナーでも講義と共に実習もさせて頂き、とても勉強になりました
また、こうづま歯科では神経の治療のための新しい機械を導入しているので、より確実な神経の治療が出来ると思います。

今回の勉強会で、私たち歯科衛生士もよりいっそう知識が深まったので、今後の神経の治療のアシストにますます充実したバックアップができるようになりました
直接的に患者様には分かりにくい部分ですが、安心して治療を受けていただけるので私たちもやりがいが持てます。。。。以上


セミナーを開いて下さった菊谷さん
エンドに対する 熱い熱い想いが伝わってきましたよ
今回は本当にありがとうございました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。